2015年10月22日

那珂川のスモールマウス

色々スモールマウスについて調べたSasagas.です。


那珂川でスモールマウスバスが公式に記録されたのは2006年だそうです。もっと前からいたんだろけどいつかはわかりません。
でも、たかだか10年でかなりの数。

ちなみに国内に入ったのは1990年。たった25年前だそうな。


大体25年前からスモールマウスバスが入っている阿武隈川ですが、スモールマウスバスの増殖率が半端ない。
image.jpg
http://www.thr.mlit.go.jp/fukushima/pressedit/content/images/201001201319220000_3.pdf より引用

やばくね?


那珂川数年後スモールフィーバー?


なんてビビった今日この頃です。


もうね、積極的に釣るべきだと改めて思った今日この頃のSasagas.でした。


にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村
posted by Sasagas. at 23:34| 栃木 ☁| Comment(0) | コクチバス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

Newロッド購入!って言ってもルアー用。

那珂川でルアー五目釣りが来シーズンの目標のSasagas.です。

という事で、竿とリールを新調しました。

勝手にインプレ。
対して語れるほどルアーロッドに詳しくないSasagas.が釣りに行く前なのにテキトーにインプレします。

まず竿はコレ!


中途半端なコンセプトのロッド(笑
釣技が細分化された最近ではなかなかない万能竿!
ブランクスとデザインはお気に入りです。
残念なのは、KガイドでもLDBでもない、普通のガイド。TOPのリングは一応SIC。
この値段じゃしょうがないですけどね。

長さは8ftあるので遠投も出来る。ルアーも2-20gと超絶幅広設定。
テップは1.6mmで繊細にもかかわらずバットは11.7mmと太め。
これなら、20cm位のグイウーもヌタヌタ重たいズーナマもモゾモゾ重いゴイニーも飛んで暴れるコクチさんも対応できそう。
来シーズン運良く戻りとかサクラさんとか掛からないか淡い期待☆

カタログ通り万能な匂いがプンプンします(笑

ガイド以外は気に入りました。せめてトップはPE対応のデザインにしてほしかった。

続きましてリール。

お手軽価格で安リール界のエースことレブロスさんの最新モデル15レブロスです。

このレブロスシリーズのすごいところは、ダイワがいらん気を使って、あの手この手でデチューンしてるんじゃないかって疑う位の性能。

惜しみなく、エアローターとかエアベールの最新の技術を入れて、黒金の見た目とかいい感じに仕上げてるにもかかわらずですよ・・・
我慢出来るか出来ないかのシャリ感の演出
(高級機種使ってる人は絶対我慢できないレベル。先代のレブロスMXより劣化)
あえてドラグワッシャーの小径化によってドラグ性能おとしてんじゃね?って言う位のドラグ周り。
本体は軽くなってるのにスプールが重くなった結果、先代と変わらぬ重量感。

もうね、意図的としか思えない15レブロスでした。

まぁお値段がお値段なのでね、文句は言えませんが・・・絶対ダイワさん、高級機種が売れなくならないようにデチューンしてるとしか思えない仕様です。


でもお値段がお値段なんで、コスパは良いリールだと思います。
とっても良いリールだと思うんですが、ダイワさん。僕は心中裏切られた感が否めません。
正常進化って大人の事情で、出来ないんですね。きっと。って勝手に思っておきます。

見た目は黒金で統一されて、カッコ良い!

コスパは良いけど、お値段がお値段なんで上位機種を気にしたら負けです!

ってな感想でした。

あまりこっちにはお金掛けたくないのでこんなもんでしょう。
費用対効果、コストパフォーマンスという事をつくづく考えた道具選びでございました。

釣り具って、こだわると果てしないですからねぇ。

今週末は、シーズン終わりな感があるスモール釣りに行けたらいいな。
と思う明日は娘の運動会のSasagas.でした。
Sasagas.でした。
posted by Sasagas. at 02:35| 栃木 ☔| Comment(0) | 釣果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

納竿しました。

お久しぶりですSasagas.です!

すっかり秋も深まり、鮎シーズンの終わりを感じております。

2015シーズンの納竿は10/3となりました。
台風で大鮎が落ちてしまいテンション下がりまくりで、結局家を出たのが1時半。

おとりを買っては見たものの、釣れる気がしない。


川を見ながら、小川をスタートしてたどり着いたのは興野大橋の下流でした。

堰がらみで鮎が溜まってるだろうとの予想。
南部漁協前で左岸で入川。

結局スタートは2時半で4時までの1時間半で6匹掛ける事が出来ました。
最初はアーマードF+Pro0.06でスタートしました。初めて使う極細PE。
ナイロンよりも爽快におとりがフワフワします(爆

足元は十字テトラ、沖までテトラ沖に送り込んだ先は水深1.5mはありそうな感じ。
急瀬だったら感覚がわかるけど、中途半端な流れなもんだから、いまいちオトリの動きがわかりません。

でもそんな状況でよくわからないまま、あっという間に1尾目。
真っ黒の18cm位の雄。

おとりには使えなさそうなので養殖2号を投入。

14cm位のチビ鮎がすぐかかり、これをおとりに送り出すとしばらくして掛かったのは同じくらいのチビ鮎。

そいつをオトリにしてしばらくして泳がせてると、ガガガと素敵なアタリ、今日はよくわかんないけど絶好調かも!と思って竿を立てたら高切れ。

複合とかフロロではあり得ない切れ方。
これがPEの怖いところです。

やっぱPEはいつ切れるかわかりにくいから使いにくい。(そもそも手前が沈みテトラだから、超絶スレやすい場所なのにPEなんか使うSasagas.が悪いって説も・・・)

開始30分位で4匹目まで掛けた(2匹ドンブリですが・・・。)
がメタビートに張り替えた残り1時間は2匹しか掛かりませんでした・・・orz

アーマードF+Proのインプレはまた来シーズンに持ち越したいと思います。
スレに弱いPEを擦れる場所で使ったら即切れ。当たり前。
テトラ、テトラに掛かったゴミ、そんなのがどこまで続いてるのかわからないような場所でPEは間違っても使っちゃいかんですよ。

いくらアーマードF+Proがスレに強いったって0.06ですからダメでした。
わかった事は、スレに強くなったアーマードでも、ナイロンよりはるかにスレに弱い。
でも、比重が重いラインでは出しにくいあの動きは個人的に好きかもしれません。
(アーマード使ってる時は順調に掛かったし。)


そんなこんなで、なんで掛かったかもわからず、引き味も弱いモヤモヤ感が残った納竿でした。

来シーズンはもっと釣りたい!
posted by Sasagas. at 01:59| 栃木 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。