2014年03月10日

下野の釣展に行って感じたこと・・・

がまかつの田嶋さんと話ができて、パワスペが気になり始めた影響されやすい素直なアホSasagas.です。
まぁ、買いませんけど!
(買えない)



はじめに言いますが新しい竿のレビューとかそんなんは書きません。
Sasagas.なんかよりもっと上手い人が書いてくれると思うので・・・ってか書けるほど経験値無いw


ってことで、展示会に行って感じたこと。


鮎釣り業界って、何と無くRacing気質が強すぎると思うんです。
まぁ、これまで競技会をメーカーが開いて競技を確立させて、友釣り文化を活性化させたのはいいと思うんです。


でもね、ちょっとRacingすぎる。
もっとラフにsportsとかgameな感覚で良くないですか?



例えば、メーカーのウェアを上から下まで綺麗に揃えたとします。
いままでそれを普通に感じてたんですが、むしろかっこいいとも感じてたんですが・・・

バイクでいうとレプリカのツナギを来てバリバリ気合の入った格好でツーリングしてる感覚・・・
伝わらないか・・・

うーん


皇居ランナーが陸上のユニホームで走ってる感じ。
F-1で峠に行ってる感じ。


イマイチ伝え切らないけど、とりあえず気合が入りすぎ。
全否定してる訳ではありません。

それぐらい熱い釣りだってことは重々承知しております。



言いたいことは、競技思考、ガチの瀬釣り、大鮎思考が強くなりすぎると新しく始める人が減る。
敷居が高い釣りになってしまうということ。


鮎釣り始めるだけだったら、ハーパン、Tシャツに鮎たび履いて、鮎タモ高いからってラバーネットに曳舟引いてそんでもってとりあえずの竿があれば良くないですか?
でもそれは何と無く許されない雰囲気が友釣り界には漂っている。


そんな気がしました。


もっと友釣り界に自由な発想があっても良いと思います。
カジュアル鮎釣りもあって良くないですか?
立ち込みまくりたいSasagas.が言うのも何ですがw

年をとっても鮎釣りは楽しめる。
だけど若者にしかできない友釣りもある。



ライバル増えるのはちょっと嫌だけど、このまま友釣りがマイナーになって行くのはもっと嫌。


今年は白い目で見られ様がラフな格好で鮎釣りします!
まぁ一人でやっても流れは変わらないと思いますが(笑)


何が言いたいかよくわからなくなってしまいましたが、とりあえず、『領』って背中に書いてある半被を着てする鮎釣りも粋でカッコ良かった時代もあった訳で、メーカーベストを着て釣るだけが鮎釣りじゃないって事っす。

今風で粋でカッコいい鮎釣りを模索します!
個人的に!


恥ずかしい時はベスト着ますけど!


やっぱりSasagas.アホだと思った方はポチッとお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村
posted by Sasagas. at 23:42| 栃木 ☀| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
言いたい事 わかりますね!!
今はあっちを見てもこっちを見ても 名人ばかり(上から下まで格好はバッチリの)私は機能的に気に入ったものをチョイスするので ダイワ シマノ etcとバラバラです 特にシャツなんかは仕事着屋さんでポリエステルのシャツ1000円を使っていますが何ら問題なしです、
大体鮎用品は高価すぎですね まあ釣りは所詮遊びですのでこだわるかたは値段は気にしない方がおられてもいいですが 確かに入門するには敷居が高いですね 
Posted by 鮎追人 at 2014年03月11日 08:42
同感です!だから大鮎カテゴリー立ち上げたんですよ☆大会のアユ釣りが上手な人がなんかえらい風潮?みたいな、現在のアユ釣りはメーカーに踊らされすぎて大事な「鮎釣りを楽しむ」事を忘れてるようで寂しい感じがします。
正直、竿なんてそこらに落ちてる竹ざおでもアユ釣りは楽しめますから(笑)
競技アユ釣りの格好もどうも抵抗がありますね、、

作務衣に笠はいつもとフィールドの景色が変わるのでおススメです^^
Posted by 又左 at 2014年03月11日 10:21
>鮎追人さん
ちなみに僕もベストの下はユニクロのドライ素材のtシャツとアンダーアーマー的なピチピチの長袖です。

上手い人≒競技会の常連orメーカー所属のイメージになり過ぎてるんでしょうね。
だから、メーカーの競技志向のウェアが王道。

ポロシャツとかTシャツで地区大会優勝とかしちゃう猛者がいても良いと思うんですがねぇ・・・。

>又左さん
実は去年は笠かぶりました!
涼しくて良かったです。
が・・・偏光グラスと傘のミスマッチはちょっと許せませんでして・・・。やっぱり笠は裸眼じゃないと決まらないですね。Sasagas.は普段メガネなのでちょっと微妙だなと。ただ、笠で真ん中に立ちこんでると何と無くそれだけで猛者になった気分でした。

法被とか作務衣はある意味ハードル高いっす!


Posted by Sasagas. at 2014年03月11日 20:58
僕はアロハシャツか、虻が多い河川ではYシャツです。
大会もそれで出てますよ(笑)
FREEDOM( ^∀^)♪
故、須合さんは僕的にレジェンドです。
STYLEはオリジナルをリスペクトですよね!!
Posted by きむ at 2014年03月12日 08:02
>きむさん
そうです。鮎釣りは自由なんですよね。
金を掛けてる人が偉い訳じゃない。
まぁ情熱は買いますけど。

Yシャツは思い浮かびませんでした。
でも薄いし機能的かも。濡らせば涼しそうですね。
Posted by at 2014年03月12日 20:21
初めてコメントします。
那珂川の案山子と申します。

素晴らしいご意見に完全同意です。

僕なんて、機能上タイトなシルエットのアパレルでで体の線を晒し、さらにあんなにカッコいいデザインで全身を纏うのは、正直キツイのが本心です(笑)。

真夏の釣りですから、適当な古着で和柄のアロハなんて激シブかもしれませんね。
Posted by at 2014年03月14日 10:09
>那珂川の案山子さん
ブログを以前から読ませてもらってました。
コメントいただき光栄です。
今シーズン、アンチメーカーウェアのオフ会でも那珂川で開催しませんか?
なんていうのは冗談ですが、どこかでご一緒できたらななんて思っています。
今後ともよろしくお願いします。
Posted by Sasagas. at 2014年03月14日 23:12
初めまして、ぽちぽち拝見しています
今回の記事興味深く読みました。
看板しょってるわけでもないのに、見た目重視?毎年ウェアー変更とメーカーにのせられ過ぎですね。このままいくと、40歳以上限定の釣になってしまいます(汗)
Posted by monchi at 2014年04月01日 01:56
>monchiさん
コンペディションとスポーツとカジュアルを分けなきゃいけないと思うです。
特に初心者には今のウェアってとっつきにくすぎると思うんですよね。
山ガールとか流行りましたけど、多分ファッションがオシャレだから流行ったんだと思うんですよ。
釣りメーカー以外のアウトドアアパレルブランドが現れないと状況は変わらない気がしますが・・・鮎釣りのウェアは閉鎖感がありすぎな気がします。
今年は浮くのを覚悟でポロシャツにウェストバッグの肩がけで釣ります!←謎の使命感(笑)
若いうちしか瀬釣りなんてできないですからね!
若いうちから鮎釣りを始めた方が良いと思うんですよね〜。
僕も本気で流心をさせるのはあと10年位だと思うんです・・・。
Posted by Sasagas. at 2014年04月01日 21:43
今さらコメントすみません
言いたいことめっちゃわかります。
ぼくは最近友釣り始めたのですが、最初の頃は友釣りの格好ってダッサイな、、、って思ってました
最近になって、ようやくあの格好も受け入れられてきたのですが、スペシャルだとかリミテッドプロだとか、ほんと気合入りすぎだと思います。
端から見たらおかしな格好ですし、おかしなロゴだと思います。笑

昨年小さな小さな大会に出たのですが、ガチガチのスペシャルで身を包んだ人が釣果ゼロだったときは内心笑ってしまいました。
結果が伴ってればまだ見られるのですがね、
、ちなみにぼくは所謂渓流のウエットゲータースタイルで優勝です。

Posted by ガスひこ at 2017年03月20日 22:11
ガスひこさん

フル記事にコメントありがとうございます。

そうなんですよ。
気合い入りすぎなんすよね。
もっと気楽に鮎釣りしよーよって気がします。


マスターズの地区予選に半袖ウェットスーツにポロシャツで出たんですが、決勝に残ってスペシャル、リミプロ軍団に囲まれてビビりました。
腕に自信が無いとあの威圧感には耐えられませんでした。

威嚇効果を狙ったファッションなんです。きっと。
Posted by Sasagas at 2017年03月26日 22:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。