2015年10月17日

納竿しました。

お久しぶりですSasagas.です!

すっかり秋も深まり、鮎シーズンの終わりを感じております。

2015シーズンの納竿は10/3となりました。
台風で大鮎が落ちてしまいテンション下がりまくりで、結局家を出たのが1時半。

おとりを買っては見たものの、釣れる気がしない。


川を見ながら、小川をスタートしてたどり着いたのは興野大橋の下流でした。

堰がらみで鮎が溜まってるだろうとの予想。
南部漁協前で左岸で入川。

結局スタートは2時半で4時までの1時間半で6匹掛ける事が出来ました。
最初はアーマードF+Pro0.06でスタートしました。初めて使う極細PE。
ナイロンよりも爽快におとりがフワフワします(爆

足元は十字テトラ、沖までテトラ沖に送り込んだ先は水深1.5mはありそうな感じ。
急瀬だったら感覚がわかるけど、中途半端な流れなもんだから、いまいちオトリの動きがわかりません。

でもそんな状況でよくわからないまま、あっという間に1尾目。
真っ黒の18cm位の雄。

おとりには使えなさそうなので養殖2号を投入。

14cm位のチビ鮎がすぐかかり、これをおとりに送り出すとしばらくして掛かったのは同じくらいのチビ鮎。

そいつをオトリにしてしばらくして泳がせてると、ガガガと素敵なアタリ、今日はよくわかんないけど絶好調かも!と思って竿を立てたら高切れ。

複合とかフロロではあり得ない切れ方。
これがPEの怖いところです。

やっぱPEはいつ切れるかわかりにくいから使いにくい。(そもそも手前が沈みテトラだから、超絶スレやすい場所なのにPEなんか使うSasagas.が悪いって説も・・・)

開始30分位で4匹目まで掛けた(2匹ドンブリですが・・・。)
がメタビートに張り替えた残り1時間は2匹しか掛かりませんでした・・・orz

アーマードF+Proのインプレはまた来シーズンに持ち越したいと思います。
スレに弱いPEを擦れる場所で使ったら即切れ。当たり前。
テトラ、テトラに掛かったゴミ、そんなのがどこまで続いてるのかわからないような場所でPEは間違っても使っちゃいかんですよ。

いくらアーマードF+Proがスレに強いったって0.06ですからダメでした。
わかった事は、スレに強くなったアーマードでも、ナイロンよりはるかにスレに弱い。
でも、比重が重いラインでは出しにくいあの動きは個人的に好きかもしれません。
(アーマード使ってる時は順調に掛かったし。)


そんなこんなで、なんで掛かったかもわからず、引き味も弱いモヤモヤ感が残った納竿でした。

来シーズンはもっと釣りたい!
posted by Sasagas. at 01:59| 栃木 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月30日

アーマードF+PRO

どもSasagas.です。

アーマードF+PROのどアップ画像でお送りします。
image.jpg
一番上がシーガースーパーGM鮎0.175号、真ん中がシーガースーパーGM鮎0.25号、下がアーマードF+PRO0.06号です。所詮デジカメの顕微鏡モードなので画質が悪いですけど・・・。

これを元に画像編集ソフト内で5回計測して、平均出して、シーガーのメーカー公表の太さから比率を出して、計算すると・・・
image.jpg

こんな感じになりました。
やっぱり0.2号位の太さです。

パッケージに堂々と0.04mmって書いてあるのに︎

まぁ複合ラインにしろ、PEにしろ、フロロとかナイロンと同じ号数表示になって無い訳で・・・
最初から信用はしてなかったんですがね。
0.04って書くならコーティング込みの太さです書け!って気持ちにはなる訳で・・・。

多分、PEのコーティング前が0.04って事なのですかね・・・?
コーティングが0.15mm位の厚さで乗っかってて・・・ってそんな回りくどい意味わからん表示にだったら書くなー!と言いたくなります。

色々文句は言いたい事もある訳ですが・・・
50m売りの0.04号出してくれたら許す!(笑)

いや、出して!
2lbでお願いします。
実測で0.69mm(1.75号)以下でお願いします。

と、結局使って無いのに何故か絶対的信用をしているSasagas.です。



0.04以下で出したら、アユ用で行けそうな気がするんだけどなー。

那珂川石小さいし。


今週末試してみます。
寒くなってきて、アユモードがすっかり抜けてきたSasagas.でした。

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ
にほんブログ村



posted by Sasagas. at 21:57| 栃木 ☀| Comment(0) | 釣り道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

次世代ライン(コストカット鮎師向け)

新しいものが結構好きなSasagas.です。

一部のコアな大鮎釣り師が使っているらしいPEラインデュエルのアーマードF+
更に進化したアーマードF+PROが出ました。

とりあえず買ってみた(笑)
image.jpg



これまで0.1号までしか細糸は無かった訳ですが、今回0.06号までラインナップに入りました!

とは言うものの、実はアーマードF+0.1号を今シーズン内緒?で使って、26cmまでは釣り上げていた訳ですが、実際の太さは0.1号で0.3号位の感じでした。

0.1号で4LB(2kg)位の強度があるらしいので、普通に編み込みで処理しておけばちょっと太めの大鮎対応ラインとして十分な強度が得られると思う訳です。

使った感じは、比重が軽いので糸の入り方が微妙。
いつもより竿の角度を鋭角にしないとオトリが入らない?と言うか、糸が浮いてる感じになります。
ナイロンのような、それでいて感度は良い感じの不思議な感覚ですね。

でも、糸を緩めると極端に感度は落ちます。ナイロンフロロより一気に感度がなくなる感じ?



まぁ、違和感はあるけど、十分使える感じでした。


で、0.06が出たもんだから、どれぐらい細いのか試したくなった訳です。


手持ちのシーガー鮎0.175と0.25と比べてみました。
カメラの顕微鏡モードで撮影してもたり、指でコロコロやってみたり出た結論が・・・



だいたい0.2号・・・テキトー(爆)


鮎用にはまだ太い気がしますが、ナイロンの0.2号の感覚で使えて2.5LB(1.2kg)の最大強力なので糸としては優秀な気がします。
シーズン初期には厳しいけど、盛期〜後半にかけては期待が持てます。

何よりmあたりの単価は安い。

150mで約5000円ってことは15mで500円な訳です。


仲間内でシェアすれば高くは無い買い物になります。
一人で買ったら使い切れないし、高いですけど・・・。

複合糸とか単線メタルにゃ大鮎釣りで優位に立つのは難しいかもしれませんが、選択肢の一つとして面白いかなと思える糸です。
少なくとも、大鮎をナイロンとかフロロで狙いたい時には変わりになるんじゃ無いかと思ってるんですがどうでしょう???



とりあえず今週末に竿納釣行に行く予定なので使って見たいと思います。

素直に複合使っとけ!って思った方はポチッとお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ
にほんブログ村
posted by Sasagas. at 01:57| 栃木 ☀| Comment(0) | 釣り道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月22日

9月22日の釣果・・・ニゴイング

アユのモードになかなか戻らないSasagas.です。
箒川の護岸の補修のため、濁りが入るのでどうも気が向きません。

濁りが入るとルアーは条件が良いので・・・

今日も嫁にこっそり仕事帰りに30分だけ那珂川でルアーを投げてきました。


結果・・・


ゴイニーが1本。



image.jpg

最近は鮎釣りはの敵ばっかり釣って楽しむSasagas.でした。
posted by Sasagas. at 22:13| 栃木 ☀| Comment(0) | コクチバス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月20日

9月20日の釣果・・・1スモールスモールマウスバス

今日もアユを諦めスモールマウス釣りのSasagas.です。


5バイト4ヒット1フィッシュ・・・orz


image.jpg
26cm400g弱・・・スモールスモールマウスバスですな・・・

釣れた奴がちっさい上に・・・
昨日に引き続きバラし多い。ライントラブル多い・・・。


経験値不足です。
調子に乗ってPE使って、トラブル多し。


バイトの分だけ取れるオトコになりたいです。


アユのためとか言いながら結構楽しんでるSasagas.でした。


にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村
posted by Sasagas. at 22:02| 栃木 ☀| Comment(0) | コクチバス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。